元岡学び家 九大研(教室案内) |大学受験予備校 九大研


九大研ロゴ.png

築100年の古民家を改装した塾

 「元岡学び家」は、元岡地区にあった築100年以上の古民家を再生し、塾として甦らせたものです。工事は、九州大学工学部建築学科学生有志による「LinkIcon糸島空き家プロジェクト」と、糸島の工務店「LinkIcon藤原建設」の手によって行われ、2012年4月から7月の約3ヶ月半の期間をかけて改装されました。


 九大研がこの古民家を最初の塾舎として選んだ理由の一つは、「他の塾にはない学習環境を提供できるから」です。独特のあたたかみのある古民家で、アットホームな雰囲気の中、のびのびと学習できるという点が、元岡学び家の最大の特長です。木や漆喰を用いた伝統的な日本家屋で過ごせるのは今ではなかなか珍しいことで、「寺子屋みたいな雰囲気」「なんだか落ち着く」といった感想をいただくこともよくあります。


九州大学伊都キャンパスに最も「近い」塾

 「元岡学び家 九大研」は、九州大学伊都キャンパスから徒歩圏内にあるという点が非常に特徴的です。また、同じ敷地の中には、九大生と元岡商工連合会が共同で運営するカフェスペース「がやがや門」があり、日々九大生が集まっています。「元岡学び家 九大研」の生徒は、日頃から九大生の「素」の姿を目にする機会がたくさんあると言えるでしょう。

 九大生のいる場所が近くにあることで、生徒たちは大学に対して単なる地理的な近さだけでなく、心理的な近さも感じます。加えて、「元岡学び家 九大研」の九大生講師らと大学の授業や学生生活について話すこともできるので、生徒はより具体的な「大学生の自分」をイメージできるようになります。このように、伊都キャンパスに近い場所にある塾だからこそ、生徒は自分の進路への関心が高まり、学習に打ち込むモチベーションを保ちやすい、という長所があります。

 元岡学び家の良さは他にも様々ありますが、それは一度足を運んでいただき、ご覧になってお確かめいただければ幸いです。
 九大研は、独自の学習環境を整えて、皆様の来塾をお待ちしております。


地元から九大生を!

 「元岡学び家 九大研」は、九州大学伊都キャンパスの地元——つまり元岡校区やその周辺地域——から九大生を輩出したい、という思いを持って作られた塾でもあります。そのため、駅周辺の地区まで行かずとも地元の中高生が塾に通えるよう、高校生だけでなく、中学生向けの授業もおこなっています。九大を目指したい中学生に、高校受験からサポートする「地元の塾」として、貢献してまいりたいと考えています。


元岡学び家 九大研へのアクセス

住所

福岡市西区元岡1597



オープン時間

定休日 : 毎週日曜日
オープン時間 : 14:00〜22:00
※授業の時間とは異なります。授業等の時間はコースの案内をご覧ください。
電話 : 092-407-8169(ハイロー九大)
FAX : 092-407-7251

お車でお越しの方へ

駐車場については、お電話かメールで事前にご連絡くだされば、ご案内いたします。

公共交通機関のご案内

昭和バス(九大線)元岡バス停より徒歩2分。
糸島市コミュニティバス元岡口バス停より徒歩2分

九大学研都市駅方面および玄洋中・玄洋高方面からは昭和バス元岡バス停を、
前原、波多江、周船寺方面からは糸島市コミュニティバス元岡口バス停をご利用になるのが便利です。
(帰途、元岡バス停から九大学研都市駅に向かう昭和バスがない時間帯がございます。その時間帯は昭和バス産学連携センターバス停または糸島市コミュニティバスをご利用ください








ホームページからも受け付けております。クリックしてください。

新しいウィンドウが開きます